化粧水で痒みを軽減|保湿が美肌の鍵を握る|君もスベスベになれる
婦人

保湿が美肌の鍵を握る|君もスベスベになれる

化粧水で痒みを軽減

ウーマン

角質の機能を高める

皮膚が乾燥して痒くなるアトピー性皮膚炎。エアコンを使う季節や空気が乾燥する時期に悪化する傾向があります。アトピー性皮膚炎は内服薬や外用薬を使うイメージが強いです。ですが、化粧品を上手に使えば症状を改善させることが可能です。自分に合った化粧品を見つけてアトピー性皮膚炎の症状をコントロールしていきましょう。アトピー性皮膚炎の肌は角質層の機能が低下しています。水分を保持する能力が低いです。そのため、乾燥してキメが粗くなり異物が侵入しやすくなります。化粧品を使って角質を保護すれば症状は改善に向かいます。低刺激で無添加、保湿力の強い製品を選びましょう。皮膚科の医師が開発に携わった商品は複数あります。まずはそうした商品から試してみましょう。

化粧水は複数回にわけて

どんなに安全を謳った化粧品でも、最初はパッチテストです。二の腕の内側に塗って24時間待ちましょう。炎症が起きなければ顔に使っても大丈夫です。化粧水は一度にたくさん塗るのではなく、複数回に分けて塗りましょう。肌の奥にまで届き、深部から潤います。症状を改善させるためには、洗顔や入浴後90秒以内に化粧水を塗ること。アレルゲンなどが肌につく前にバリアを作りましょう。その上から低刺激のオイルで蓋をすると水分が逃げません。オリーブオイルなど自分の体質に合った油分で肌をカバーしましょう。皮膚の保湿がうまく行けば、炎症は改善に向かいます。気長に行いましょう。根気強く続ければ薬に頼らずに病気を予防できます。